BLOG

2015-03-18

お弁当生活始まる。。。。

なんだか急に暖かくなって、気づけば3月も後半です。
と、気づけばなんと早々に!小学校の給食が終了してしまいました。

働くお母さん(いや、専業主婦のお母さんも同じよね)の憂鬱な季節でございます。

我が家も今日から毎朝お弁当4つ生活が始まりました。

写真 2

小学生2人の分とママの分。
そして末っ子は保育園の給食があるのに、当然の如く「わたしもおべんとうがいいのーーー!」と泣き叫ぶので、結局4つ。

更に家族5人分の朝食に、おやつの準備も一緒に手配?するので、「私お弁当屋でしたっけ?」な状態の朝のキッチン。
4月も始業式後暫くは学校給食が始まらないので、ずずーーーっつと3週間以上も続くのです。

ただでさえ朝の忙しい時間に、洗濯だってしなくちゃいけない。
仕事に行って帰って、学童ピックアップして、夕飯も作るんですよもちろん。
これはなかなか働く母にとっては負担ですよねぇ。

以前すんでいた都内の小学校は終業式ギリギリまで給食有り、そして始業式の翌日から給食開始たったのになー。

この長期休暇前のお弁当なし日程って誰のため?何のため?なのでしょうか?

中学校の学校給食ナシについてもですが、「だってそれが普通じゃないの?」っていうのは何の根拠にもならないと思うのです。
他の都道府県では、海外では、ちっとも普通じゃないこと。そしてデメリットが大きいこと。
それは変えていったらいいと思うのです。

横須賀行政さま、働く母を想定して改善していきましょう!!!

 

 

写真 1

末っ子ちゃん、朝からうれしそうにお弁当を食べるの図。

子供たちは「美味しいお弁当作ってくれてありがと~!!」と可愛いことをいってくれるので、頑張るママ。
でも寝坊した日は日の丸弁当かもしれません。